Journal    Work    News    About

Mark

Womb House

Competition

Design period: 2018. 03—2018. 05
Design: althouse
Partner: Adrian Steckeweh





AIについて考える時セットのように語られるのがレイ・カーツワイル博士によって提唱された2045年に訪れるというシンギュラリティ(技術的特異点)であり、それ以降に訪れるであろう未来は悲観的に語られることが多い中で、どのように「AIの家」を考えるべきか。
私たちは「AIの家」を考えるにあたり、人類がAIを生み出すに至るまでの進化の過程について考え、我々人類が自然界の事象を研究し、模倣することで進化してきたのと同様に、AIが人間を超越した場合、AIは人間も自然の一部として捉え、少なくとも生物学的には地球上で「最も合理的にデザインされたモノ」として考え、模倣していくのではないかと仮定した。
そのことから、AIは人体の構造を模倣しながらデザインを展開していくのではないかと考え、人間にとって最も心地よく・快適な空間は「胎内」ではないかという考えに至った。
「胎内」という空間は究極的にバナキュラーでありながら、我々人類にとって最も普遍性の高い空間であるとともに、誰もが最初に住む「家」とも考えられるのではないだろか。それと共に、従来型の「家」という概念は融解し、最小単位としての部屋(=胎内)の集合体として「家(=コミュニティー)」が存在するようになるのではないかと考えた。
このことによって、「家」は一義的に固定化された硬直的な存在から、多層的かつ流動的な形に再構築されていくのではないだろうか。そして、「揺り籠から墓場まで」という言葉の通り、最小単位の家としての部屋は各人の墓場としての機能も持ち合わせるようになる。
When thinking about AI, it is the singularity (technical singular point) that visits in 2045 advocated by Dr. Ray Kurzweil that is told in a set, and the future that will come after that will be pessimistically told In many cases, how should we consider "AI's house"?
In thinking about "AI's house", we thought about the process of evolution until mankind created AI. As AI transcends human beings as well as human beings have evolved by studying and imitating events in the natural world, AI regards human beings as a part of nature as well as human beings are biologically on earth Thinking as "the most rationally designed item", and imitate it.
From that, I thought that AI would develop the design while imitating the structure of the human body. Also, the idea that the comfortable and comfortable space for human beings is "womb inside" came to the idea.
While the "womb" space is ultimately a vernacular, we are the most universal space for humankind and it can be thought of as the "house" where everyone lives first.
At the same time, the idea of a conventional "house" was melted, and I thought that an aggregate of "rooms=womb" which is the minimum unit would exist as "house=community".
Does this mean that the "house" will be reconstructed from a rigidly fixed existence that is uniquely fixed, into a multilayered and fluid form. And, as the word "from the cradle to the graveyard", the room as the smallest unit house will have the function as a graveyard for each person.
Althouse | Design Group of Graphic, Architecture and Clothing